目の下のたるみを改善

自分でできる対策

目元の悩み

目の下のたるみは毎日自分で鏡を見ているとわからないものですが、他人から見ると実年齢よりも老けてみえたり疲れているように見えたりし、あまり良い印象を与えません。日々の生活の中で注意すれば改善することができます。それは家でできる顔のマッサージになります。目の下に力が入るように顔の筋肉を持ち上げたり戻したりを毎日少しずつ行うだけで、改善されます。たるみができる原因はつかっていない部分に脂肪がついてそれがたるんでくることが原因です。なので筋肉を使うようエクササイズすれば良いのです。クリームなどの化粧品で解消する方法もありますが、クリームだけでなく運動も合わせて行うとより効果が期待できます。クリームは肌に合うもの合わないものがありますので、注意が必要です。

その他対策

目の下にたるみができる原因は脂肪がつくことの他に、ヒアルロン酸やコラーゲンの減少も挙げられます。加齢と共に減少していくため、日々のケアが必要となります。ヒアルロン酸の減少に対してはヒアルロン酸を注射してもらうことでたるみが解消され、実際に多くの人が美容整形外科で施術してもらっています。化粧品による対策も継続して行えば有効です。ビタミンCやレチノールといった成分を豊富に含む化粧品を使用することで、肌にハリをあたえたるみを予防できます。また毎日パソコンを見ている人も瞬きの回数が多くなるので、目の周囲の筋肉が衰えやすいので注意が必要です。長時間パソコンを見た後は目の下をマッサージし、冷やすこともたるみに対しては効果があります。また何をやっても改善が見られないときには、整形外科に行きましょう。そこでは、目の下のたるみを除去する施術を行なってくれます。いま切らずに施術することが多く、傷跡も残らないようになっているので、安心して受けることが可能です。